社員教育の期間はどれくらいがベター?

社員教育で求めるもの

昔は仕事といえば先輩の仕事を盗むものだと言われてきました。先輩の背中を見て覚えろと良く言われたものです。しかし最近では社員の教育に力を入れている企業が非常に増えています。特に会社が大きければ大きいほど、その傾向にあります。ではそもそも何故社員教育が必要なのでしょうか?
社員教育というのは簡単に言ってしまえば、優秀な人材を育てる事です。そして優秀な人材を育てる事によって、その会社が規律を守る強い組織になる事を目指します。そして社員教育によって、その会社の企業理念を浸透させます。現代のビジネス環境においては、社員が個々に判断する場面が多く、そのような場面で企業理念を軸に考えれば、会社の利益を考えた正しい判断が出来るというわけです。


平均的な社員教育の期間

一般的に社員教育の期間は1ヵ月程度と言われています。この1ヵ月でその会社の基本的な考え方を学び、実際の業務については現場に出てから教えるというスタイルが多いようです。ただしこれは会社の規模や業務内容によっても変わってきます。銀行や大手メーカー、IT業界などのような専門的知識を必要とするような企業では、だいたい3ヵ月くらいの期間を設けているようです。
逆に短く設定している会社もあります。実際に現場で仕事に取り組む事によって社員を育てるという考え方がまだまだ根強く残っており、教育期間が長ければ良いというものではないという考え方です。そういった企業では2週間くらいの期間で新人教育を終わらせているようです。

新人研修とは新入社員が社会人としてのマナーや会社で働く上で必要なスキルの講義を受けることです。講師は人事の方が行う場合や社外から講師を招くこともあります。