社員教育の一番の目的

社員教育の一番の目的は生産性の向上にある

社員教育というと、従業員一人ひとりに徹底的に企業人意識を叩きこんだり、新人を学生気分から抜けださせるための教育などが行われますが、社員教育で一番重要なことは、社内の生産性を高めるために一人ひとりに、社会人としての意識を持ってもらうことが課題となります。
社会人の意識があり、少しでも会社に貢献しようとする人材に育て上げれば、会社の生産性も向上していき、どんどん業績も上がっていくことでしょう。ですから無理強いするような研修をするのではなく、社員の深層心理に働きかけるような感じで研修を行うことが大事です。社員研修は失敗してしまうと、研修に費やしたコストがすべて水の泡になるので、しっかりと計画を立てることが大切です。


適宜外部講師を招くのも必要

社員教育では、社内の教育係だけではどうしても単調な社員研修になってしまったり、従業員からも飽きられてしまうことがあるので、そうならないためにまず外部講師を招いて研修をすすめることも大事です。外部講師を招くことで、第三者からそれぞれの社員の改善すべき点や、研修内容の改善などを行ってもらうことが出来るからです。
マナーについての研修ならばそれ専門の講師を、それ以外の特殊スキルに関する研修の場合には各分野のスペシャリストを呼んで研修を行いましょう。社員研修を成功させれば、これからの事業展開に対しても社員が協力的になってくれるので、一人ひとりにしっかりと働いてもらうためには、ビジョンを持って社員研修をするのが一番です。