プロの講師に任すのも手!

平等に欠点を指摘できる

社員教育を考えたときには、プロに任せてみることも考えてみましょう。
同じ社員として研修を行った場合、社員に正しい接し方を行うのが難しくなる場合もあります。お互いに顔を合わせたことがあると、どうしても甘くなってしまったり、逆に人に対しての好き嫌いが出やすくなってしまい、社員教育の弊害になってしまうでしょう。
一人一人に対しての自覚を促すためには、プロにお願いしてみることも検討する必要が出てきます。プロに任せることで、冷静な目で教育を行ってもらうことができるため、それぞれに平等で欠点を改善できるアドバイスを行うことができるのです。社員の将来を考えても、依頼を行うことでプラスの要素として働いてくれるでしょう。


しかりと褒めるバランスが良い

プロの講師は、叱るときにはしかりよい部分を見つけたときにはしっかりと褒める技術を持ち合わせています。社員教育を行っていく中で改善点が見つかると、その部分だけに集中してしまいますが、マイナス点ばかり指摘されることで社員のやる気もそがれてしまうのです。
プロの講師は、本人に改善を促しながらも、その効果が出てきたときには、しっかりと褒めることも忘れません。この対応により社員も成長していくことができるのです。
また、社員教育をプロがチェックすることで、社員だけではなく会社全体の問題点を浮き上がらせることができます。客観的な鋭い目でチェックすることで、より改善しなければいけない点にメスを入れていくことができるのです。